薄毛対策になる栄養素はある?まずたんぱく質、亜鉛、イソフラボン、ビタミンをとろう

HOME » 食事改善 » 薄毛対策になる栄養素はある?まずたんぱく質、亜鉛、イソフラボン、ビタミンをとろう

薄毛対策になる栄養素はある?まずたんぱく質、亜鉛、イソフラボン、ビタミンをとろう

・薄毛対策になる栄養素って?
薄毛対策としておすすめの食事がいくつかあるわけですが、それらがおすすめなのは育毛に役立つ栄養素が含まれているからです。
その栄養素が何かを知っていれば、薄毛対策に役立つ食事も自分でいろいろとアレンジできそうですよね。
知っておきたい栄養素をいくつかご紹介します。

・たんぱく質
たんぱく質は体を作る基礎となります。
それは髪の毛でも同じことで、このたんぱく質から髪の毛の成分は作られていますから、これをしっかりとった方が育毛はしやすくなります。
たんぱく質をとるためにおすすめの食材は肉類や魚類、卵、乳製品、豆類などになります。
野菜などに比べて不足することは少ないと思うかもしれませんが、よく自分の食事を見直してみると炭水化物が中心となっており、たんぱく質が不足していることも意外とありがちです。
加熱不要のソーセージやハンバーグ、魚の缶詰、豆腐、サラダチキンなど、最近はすぐに食べられる食材も多いですから、しっかりたんぱく質をとってください。

・亜鉛
亜鉛はミネラルの一種になりますが、薄毛対策にもおすすめの栄養素の一つです。
髪の毛の主な成分はケラチンというたんぱく質となりますが、これを作るために必要な亜鉛なのです。
どれだけたんぱく質を取っていても亜鉛が不足していると髪の毛の成分がなかなか作られず、育毛しづらいですから、亜鉛も忘れずに取ってください。
これが豊富に含まれているのは牡蠣やレバー、牛肉などになります。

・大豆イソフラボン
大豆に含まれている栄養素の一つで、発毛を促す因子を生み出すと言われています。
大豆には豊富なたんぱく質が含まれていることからも、薄毛対策のために積極的に取っておきたい栄養素となるでしょう。
これは大豆製品に含まれていますから、納豆、豆腐、豆乳などがおすすめとなります。

・ビタミン類
薄毛対策のためにはビタミン類もできるだけとりたい栄養素となります。
特に薄毛対策になるのはビタミンAやEです。
これらは血行改善に効果があり、髪の成長に必要な栄養素がスムーズに届くようになります。
ビタミンAはニンジンに豊富に含まれています。
ビタミンEはナッツ類がおすすめです。
ビタミンはバランスよくとるのが大事ですから、緑黄色野菜やその他の野菜、フルーツなどバランスよくとることも大事です。

・必要な栄養素をとろう
薄毛対策になる栄養素としてはご紹介したものは基本となります。
しっかり育毛を進めたいときはこれら栄養素を取るといいですが、全体的にバランスのいい食事を取ることも大事ですから、バランスよくいろいろと食べることも忘れないように注意してください。